かつまたかわらばんNo.216「SNSとは何か…」

森 航太

皆さん、体調はいかがでしょうか。

2・3月はコロナウイルスによる被害で様々な場所で混乱が起き、ネット・SNSに記載された誤情報によってマスク・紙類などといった物資不足に悩まされる事態が起こりました。

そこで混乱の原因となった情報収集、発信の場として定着している「SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)」とはいったいどんなものなのか、私なりの解釈とともに説明します。
まずSNSにはFacebook・Twitter(交流系SNS)、LINE(メッセージ系SNS)、Instagram(写真系SNS)、YouTube(動画系SNS)の大きく4つに分けられます。

使い方は異なりますが、ネット環境で人々とコミュニケーションをとれるツールです。
ここまでSNSが普及した理由にはiPhone・スマホの発売が大きくかかわっていると思います。

これらの普及によって、簡単に速くネットに接続でき、写真・動画の撮影、情報の取得が一つの端末で完結できるようになりました。
これらの技術革新に伴い、ネット環境下においてコミュニティ形成の場としてや時事ニュース・情報の発信、個々人の意思・意見の発信の場など、人々の生活の中に定着していきました。
しかしSNS(ネット)の利点でもある速さの影響で沢山の情報を瞬時にキャッチ、発信できる一方でその情報の正誤を考えず鵜呑みにする方も増えています。

その最たる例が誤情報によるペーパー等の物資不足です。
SNS(ネット)は私たちの生活を劇的に変化させた便利なツールである一方、使い手・受け手次第では今回の様に混乱の原因になってしまいます。

皆さんも利用する際は、その情報を鵜呑みにせず、一度考え行動するようにしましょう。


termpapermonster com