かつまたかわらばんNO.118「ふつうがいい」

斎藤 一順

東日本大震災、不安な日々が続きます。
平穏な事が、いかに幸せかを思い知らされました。

さて先回のかわらばんで、私が交通事故にあい、
痛み止めの薬から、胃潰瘍になって入院
してしまったことをお話ししました。

その後は以前よりは、食事に気を配ったりして、
次第に体力を回復し、
1月にはフルマラソン完走を果たし、
もうすっかり大丈夫とみんなに触れまわっていました。

事故で折れた肩甲骨も、しこりが残るものの経過良好で、
確認のため再度CT検査をすることに。

すると・・・・

肺に白い影が映っているので、
精密検査を受けるよう大学病院を薦められました。
「はい?」夢かと思いました
いったいこの物語はどこまで続くのだろうか、と

今度は胸部のCTと血液検査で腫瘍マーカー。

「何かの炎症のアトでしょう」と肺がん、結核のうたがいなし

ふうっーー

念のため2カ月後に再検査をしますが、
整形外科の先生から肺がんの可能性を言われ、
紹介病院での受診、検査、結果を聞くまでの半月の間、
悶々として良く眠れず、
きっと仕事(治療)にも差し支えていましたね。ごめんなさい。

ひとまず、健康を言い渡され、
再再度、生活習慣を見直すことになりました。
いい教訓だ。ああ、ふつうっていいなあ。

今回の震災でも、電気やガソリン、食品や衛生用品、
普通に健康でいられる事のうれしさ、大切さを
あらためて感じさせられました。

一方で、西日本、あるいは海外からの支援に
胸を打たれる気持ちになります。

当院もしばらくは節電での診療をご理解下さい


writing a term paper may be best approached