かつまたかわらばん NO.124「マイガーデン」

斎藤 一順

先日、おもての街路樹のところにビオラを植えました
去年植えてみて、
半年も咲いていてくれたので、またやってみようと。
少しは皆さんの目に留まって、
心が和らげばなぁと思うのですが、まぁ自己満足であります。

「園芸療法」という言葉があります。
欧米では盛んに言われていますが、
植物が育っていく様を自身の治癒力に重ねてみたり、
作業をする事が運動であったり、
世話をする事で生活が規則的になったり、
日に当たるだけでも免疫力やビタミンDを養えるとか、
良いことはたくさんあります。

マイナスと言えば、
夢中になり過ぎて腰や膝を痛めるかもしれない事と、
紫外線によるシミ・そばかすくらいでしょうか。

家ではミニ盆栽を育てていて、もう数年になります。
父の影響で始めたのですが、困ったときには相談しているので、
いいコミュニケーションツールとなっているようです。
ここの患者さんにも、園芸が好きな方が、
たくさんいらっしゃるので、色々と勉強させていただいています。

これから寒い冬を迎えますが、必ず春には花が咲きます。
私の家のモミジやケヤキも、必ず新芽が溢れてきます。
皆さんの体調だってきっと、健康の花がひらきますよ。

街路樹のところの、空いているスペースに、
チューリップの球根が埋まっています。
早く春がこないかなぁと、せっせと水を遣っています。


buy cheap term papers